松直伽の小説

親しみやすく読みやすい文学を目指しています。

★「キャラバン夜想曲」と「タユランの糸車」は、小説通販でお安くご購入いただけます。★

「キャラバン夜想曲」


本をクリックしたら全文読めます。
携帯用ページもあります。


約300枚(400字詰め原稿用紙)

小冊子(350円・送料込み)で販売中

【ストーリー】突然解雇されたシズナ。新宿の公園で、絨毯商人のイラン人スィヤに出会う。シズナはスィヤの店で働くことになり、親しくなるが……。東京・新宿を舞台に、日本人、イラン人、コロンビア人の三角関係を織りこみ、外国人問題を問う小説。
「タユランの糸車」


本をクリックしたら立ち読みできます。
図書館でお借りいただけます。ない場合には、リクエスト用紙でお申し込みください。
B6判・並製 定価 1,200円+税
【お申し込みはこちらへ】
発行
 郁朋社 オンライン書店
お近くの書店からもご注文できます。

書評・感想集

【ストーリー】ガランジャからやってきたタユランは、ジャポンで店を持つ夢を持ち街娼に身を転じる。様々な男性と知り合うが、ある日、ヨウジロウという客と出会い運命が変わる。困難に直面しながら、異国の地で自立していく異邦人女性を描く。
「ルナティックの落書き」
約12枚(400字詰め原稿用紙)

クラブ<ルナティック>での、若者たちの一夜を綴った短編小説。
「眠る月」
約170枚(400字詰め原稿用紙)
1999年、第72回コスモス文学新人賞全国公募文芸作品コンクール・奨励賞

医大生の僕は留年を繰り返しながら、ぼんやりと生きている。関係が途絶えていた、幼馴染みの洋と再会する。カメラマンとしての道を歩もうとしている洋や、クラブで知り合った沙夜などを通じて人生が変わっていく。


ご感想、ご意見など、お待ちしています。





[next] [back] [ramdom] [list]