【6,万寿台(マンスデ)の丘】
 故・金日成主席の銅像、記念塔、大型モザイク壁画から成る万寿台大記念碑がある。1972年に建立。
 故・金日成主席の巨大な銅像の背後にあるモザイク壁画は、朝鮮人民が継承している革命伝統を象徴する朝鮮革命の聖山・白頭山を描いたものである。
 24時間電灯がついていて、自家発電機があり夜にもライトアップされる。(経済困難、食料困難、電力事情も悪いのに、故・金日成主席を讃えるためには電力もお金も惜しまないのである)

 千里馬(チョンリマ)の銅像もある。これは、1日に千里を駆けるという伝説の馬の意気込みで継続革新・継続前進する朝鮮人民の英雄的気概と不屈の闘志を象徴している。
万寿台議事堂(朝鮮民主主義人民共和国の国会議事堂) 万寿台の丘
故・金日成主席の銅像の頭部分が見える。
革命のために闘う人々  故・金日成主席の巨大な銅像(ここに来る人々はみんな献花をする)
夜にはライトアップされる。 故・金日成主席の銅像が向いている方向には平壌の街が見える。
千里馬銅像

6/19

7.金日成広場