ナグシェ・ロスタム。ペルセポリスから約6q離れたところにある。ダレイオス1世、ダレイオス2世、クセルクセス1世、アルタクセルクセス1世などアケメネス朝の諸王の墓とされているが、ダイレオス1世以外の墓の位置は諸説ある。 王墓が4つ並び、この中に王が眠っている。ゾロアスター教では、このような王墓が建造されたが、庶民はヤズドの「沈黙の塔」に見られるような鳥葬であった。
上部には、王の玉座を臣民たちで支える「玉座かつぎ」とアフラ・マズダのレリーフが残る。 サ-サ-ン朝の諸王の戦闘の様子が描かれているレリーフ。
サーサーン朝のレリーフ。 様々な説があるが、ゾロアスター教の神殿として聖火が祀られていたともいわれている。