2001年10月「郁朋社に決めた理由/報復戦争反対」
「郁朋社に決めた理由」
「ピース・ウォーク」
「世界の中心は欲望なのか」
「IKK例会(イラン研究会)」
「デモ行動や意見表明の意義」「報復戦争に命を賭ける価値はない」
「反戦デモに参加」
「Dakini Nights 忘我」
「<多少の犠牲を覚悟でテロ撲滅>のエゴ」
「テロリストの容疑内容を公開せよ」「報復戦争に関する国際社会への具体的提案」
「報復反対運動の重要性」
「平和のために私たちができること」
「読売新聞の政治部長と話はできたが、こちらに具体案がないためあえなく退散」
「ドンパチが始まった。虐殺と暴力で成り立つ平和はどこかおかしい」
「報復反対運動の情報満載/海亀広場 http://bbs8.otd.co.jp/818524/bbs_plain
「読売新聞は、国民をわざと戦争参入へと煽動することを書くべきではない」
「タリバーン政権が米国に対話を求めている」
「染と織の造形思考/現代の布」
「テロ撲滅のために国家テロもなくすべき」